DSpace DSpace
 

Hirosaki Regional Repository >
01 弘前大学 >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30e-1 博士論文(医学研究科) >
平成25年度後期 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10634/7358

タイトル: Sex-specific effects of subjective memory complaints with respect to cognitive impairment or depressive symptoms
その他のタイトル: 認知機能低下および抑うつ症状に対しての主観的物忘れの訴えにおける性差
著者: Tomita, Tetsu
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科
発行日: Mar-2014
出版者: Wiley
誌名: Psychiatry and Clinical Neurosciences
巻: 68
号: 3
開始ページ: 176
終了ページ: 181
ISSN: 1323-1316
内容記述: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pcn.12102/abstract
URI: http://hdl.handle.net/10634/7358
テキストバージョン: ETD
出現コレクション:平成25年度後期

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tdm_1860_Tomita_a1.pdf0 BAdobe PDF
見る/開く
tdm_1860_Tomita_a2.pdf0 BAdobe PDF
見る/開く
tdm_1860_Tomita_s1.pdf0 BAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software - ご意見をお寄せください