DSpace DSpace
 

Hirosaki Regional Repository >
02 弘前学院大学 >
30 看護学部 >
30b 弘前学院大学看護紀要 >
12巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10634/8255

タイトル: 小児科外来実習における看護学生の予診による症状アセスメントを通した気づきの特徴
その他のタイトル: NURSING STUDENTS’ LEARNING THROUGH SYMPTOM ASSESSMENT AS PART OF MEDICAL PRE-EXAMINATION DURING TRAINING IN OUTPATIENT PEDIATRICS
著者: 齊藤, 史恵
著者所属: 弘前学院大学看護学部
発行日: 31-Mar-2017
出版者: 弘前学院大学看護学部
誌名: 弘前学院大学看護紀要
巻: 12
開始ページ: 27
終了ページ: 36
ISSN: 1880-8867
URI: http://hdl.handle.net/10634/8255
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:12巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirogakuKangoKiyo_12_27.pdf546.8 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software - ご意見をお寄せください