DSpace DSpace
 

Hirosaki Regional Repository >
01 弘前大学 >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30b 弘前医学 = Hirosaki Medical Journal >
68巻1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10634/8374

タイトル: 泌尿器悪性腫瘍の根治性とQOL を両立させる治療体系確立のための多角的研究
その他のタイトル: The diversified studies to establish both curability and quality of life following treatment of genitourinary cancer
著者: 古家, 琢也
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科泌尿器科学講座
発行日: 5-Oct-2017
出版者: 弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
誌名: 弘前医学
巻: 68
号: 1
開始ページ: 78
終了ページ: 79
ISSN: 0439-1721
URI: http://hdl.handle.net/10634/8374
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:68巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirosakiMedJ_68(1)_78.pdf0 BAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software - ご意見をお寄せください